Web開発の仕事内容と定年

Web開発とは、Web上のショッピングサイトや、データベースの検索、アンケートフォームなどといったサービスのプログラムを開発する仕事です。インターネットが普及した今では、Web上でショッピングをするのは当たり前になってきています。購入する側は意識することはありませんが、このような便利なサービスはエンジニアたちが知恵を絞ってプログラムをWeb開発しているのです。緻密に計算されたプログラムは、私たちの生活に今や欠かせない存在となっています。ショッピングの他に、ホテルや飛行機の予約をするサイトや本やCDを検索するサイトでもエンジニアが活躍しているのです。最近ではソーシャルネットワーク系のサービスが人気を呼び、多くの人が利用していることでしょう。ソーシャルネットワークサービスも、もちろんWeb開発の仕事の一環です。

Web開発の仕事は非常に激務であり、何日も徹夜が続くといった状況もあるため体力がなくてはなりません。新しいスキルを常に習得し続けなくてはいけないので平均年齢が非常に若く、エンジニアの定年は35歳という説が存在しているほどです。しかし、経験の豊富なエンジニアは常に需要があるため、定年説は過去のものとして現在では75歳で現役という人も存在します。最近では、クラウドコンピューティングやビッグデータの活用など、特にWebシステムやサービスに注目が集まっており、圧倒的にエンジニアが不足している状況のためWeb開発はこれからも需要がある仕事といえるでしょう。